本当は怖い、毛抜き脱毛

みなさん、髭の処理にはどんな器具を使っていますか?
カミソリや電気シェーバーではなく、毛抜きを使っている方もいらっしゃると思います。
髭を抜いてしまうと、毛根ごと抜いて排除してしまうので、
剃るより脱毛効果が長いですよね。人によっては毎日処理しなくても済むようになります。
毛抜き自体の価格も安いし、難しいメンテナンスも必要ない。
抜く時の痛みに耐えさえすれば良い脱毛方法かと思われがちですが…。
毛抜きでのムダ毛処理には肌に重大なトラブルを引き起こす原因が潜んでいるのです。
前述したとおり、毛抜きでムダ毛を抜くと痛いですね。
痛いということは肌や周辺の対組織にダメージを与えているということなのです。
何度も行っているうちに痛みを感じなくなるといいますが、感覚が麻痺しているだけで
ダメージがなくなったわけではありません。
また肌を引っ張るので、毛穴周辺が盛り上がり鳥肌状になって戻らなくなったり、
毛が皮膚の中に残ってしまう埋没毛などがおきます。
他には、ムダ毛を抜いたあとの毛穴の中に雑菌が入り込み、黒ずみの原因になったり、
最悪毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれる炎症を起こしてしまうことになります。
なお、最初の方で毛根ごと抜いてしまうといいましたが、実は毛根はしっかり残っています。
いくら抜いても、しばらくすればまた生えてきますよね?
結局一時的に見えている毛を処理しているに過ぎません。
家庭で行う事ができる脱毛法の中でも特に危険が大きいのが毛抜きによる処理です。
毛抜きを使って脱毛している方は今すぐ脱毛方法を見直す事をおすすめします。

関連記事